ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

交通対策




東京2020大会期間中、選手や大会関係者、メディア等の移動はすべて専用車両を使用します。選手達の円滑な輸送を行うため、大会関係車両の専用レーン等の設置や各競技会場周辺の交通規制、高速道路の入口封鎖等様々な交通対策が実施されます。また、コロナ禍により都内の道路交通量は一旦減少しましたが、現在平年並みに回復しつつあります。何も対策をしないと、都心部を中心に混雑が発生する可能性があります。
⼤会期間中も安定した経済活動を継続していくためには、広く、企業・団体や個人の皆さまから、少しずつご協力いただき、交通量を減らすことが重要です。大会期間中の交通混雑緩和に向けて、テレワーク、時差出勤等の「人の流れ」の取組や、余裕を持った注文・発送や再配達抑制等の「モノの流れ」の工夫に、ご理解とご協力をお願いします。