ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

交通対策


2021年の夏、オリンピック・パラリンピック競技大会が東京で開催されます。大会期間中は選手や大会関係者、メディア、観客等、延べ1,000万人以上の人々が東京を訪れるため、何も対策をしないと道路や公共交通機関の深刻な混雑が発生する恐れがあります。このようなリスクを回避し、⼤会期間中も安定した経済活動を継続していくためには、広く、企業・団体や個人の皆さまから、少しずつご協力いただき、交通量を減らすことが重要です。
東京2020大会期間中の交通混雑緩和に向けてご協力をお願いします。