ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

復興オリンピック・パラリンピック


2011年に始まった東京2020大会の招致活動では、スポーツの力が東日本大震災の被災地に夢と希望をもたらすことを訴えました。復興オリンピック・パラリンピックは東京2020大会の原点です。スポーツの力で被災地に元気と感動を届けます。そして、様々な困難を乗り越え、復興へと歩む被災地の姿を世界に発信し、支援していただいた人々に感謝を伝えていきます。

福島あづま球場画像

宮城スタジアム
実施競技:サッカー

宮城スタジアム画像

福島あづま球場
実施競技:野球・ソフトボール

取組の紹介

復興支援映像

復興に向けて力強く歩む被災地の姿をお伝えする動画を制作し、世界に向けて発信します。

  • 2020年。東京と東北で会いましょう。

  • 2020年。東京と熊本で会いましょう。

  • 2020年と、その先の未来へ ~世界中の方々へ 感謝を込めて~

復興祈念植樹

岩手県・宮城県・福島県および熊本県の復興のシンボルとなる樹木を、東京2020大会競技会場の1つである「有明アリーナ」の敷地に植樹します。東京2020大会が「復興オリンピック・パラリンピック」であることを広く発信するとともに、復興への思いを込めた樹木の成長と通じて、大会の理念を後世に伝えていきます。

東京2020復興のモニュメント


被災地から世界に対する「支援への感謝」や「選手への応援の気持ち」などをあらわしたモニュメントを制作し、東京2020大会期間中、都内の大会関連施設へ展示します。モニュメントの材料には、仮設住宅の窓などから作成した再生アルミを使用。デザインは、岩手県・宮城県・福島県の中高生と一緒に行ったワークショップにより決定しました。そして、東京2020大会の終了後は、本モニュメントを各県へ移設し、「復興オリンピック・パラリンピック」のレガシーとして活用します。

復興モニュメント1
復興モニュメント2

被災地でのライブサイト

岩手県・宮城県・福島県・熊本県で東京2020大会のライブサイトを開催し、多くの方々に大会の感動を届けます。(ライブサイトに関する詳細はこちらをご覧ください)

食の安全

組織委員会は、東京2020大会の飲食提供において、被災地で生産された食材を活用したメニューを提供することで、高品質の食材を生産できるまでに復興した現在の被災地域の姿の発信に寄与していく、としています。

各県ウェブサイト

被災各県及び復興庁のウェブサイトです。

岩手県

岩手県ホームページ
震災・復興情報

宮城県

宮城県ホームページ
震災・復興情報
東北・みやぎ復興マラソン

福島県

福島県ホームページ
震災・復興情報(ふくしま復興ステーション)

熊本県

熊本県ホームページ
震災・復興情報

復興庁

復興庁ホームページ